アルコール

わきがの原因は色々とあり食生活も関連しているといわれていますが、食生活だけではありません。


わきがの体質の人はアルコールの大量摂取なども原因の一つとされています。


直接わきがの人がアルコールを飲んではいけないというほどの影響を及ぼしているということではありませんが、アルコールというのは、飲むと体の血行が良くなります。


アポクリン腺やエクリン腺の働きもかなり活発になるといわれていますから、それがわきがの原因になってくるのです。


もともとわきが体質の人がアルコールを大量に摂取することで活発にこの二つの汗腺が働きますからそのことによってわきがが悪化する可能性があるということです。


アルコールを飲むと体の中ではアセトアルデヒトと呼ばれる成分がつくられるのですが、血液から肺や皮膚を通って実は体外に排出されています。


アルコールを飲んだ人が口以外に体中からお酒のにおいをさせているのはこのためで、体臭にもかかわってくるのです。


わきがの人がアルコールの量を飲み過ぎてしまうと、においそのものがきつくなるという以外にも、お酒臭い体臭も普段以上に臭くなってしまいますから周りの人のことを考えると外でのアルコールの過度の摂取は控えた方がいいとされています。


わきがの体質の人でお酒が好きな人は臭いに注意して、周りの人を不快にさせないためにも飲み過ぎには十分注意して、家で飲む分には構いませんが、外で飲む場合には気をつけましょう。

posted by わきが | Comment(0) | TrackBack(0) | わきが