両親

遺伝のところでも少しお話したのですが、わきがの体質というのは遺伝するといわれています。


両親が揃ってわきがであるという場合には8割の確率でわきがになる可能性がありますし、片親だけがわきがという場合には5割の確率で遺伝するといわれています。


祖父母がわきがであるという場合も、少なからずわきがが遺伝するというケースは避けられないとも言われています。


ですから家族の中にわきがの人がいるという場合には遺伝してしまうという可能性は高いのですが、その中でもやはり両親がわきがであるという場合には、子供がわきがになる可能性というのはかなり強いのではないでしょうか。


ですが、わきがの直接の原因になっているアポクリン腺というのは思春期以降くらいしか活動しませんから、遺伝でなったと思う人は少ないようです。


自分の臭いや家のにおいというのはあまり気がつかないもので、慣れてしまっているということもありますから、自分がわきがであるということすら気がつかないという人も多いといわれています。


思春期から突然わきがになったことで遺伝だと思う人は少ないのです。


両親がわきがだとしても、人によってはわきがではないということもありますが、食生活や生活習慣、緊張やストレス状態でアポクリン汗腺が増えたりするとわきがになるということもあるので、十分に注意しなければいけません。


両親がわきがでなくても自分がわきがになることはよくあります。

posted by わきが | Comment(0) | TrackBack(0) | わきが