超音波治療

わきがの治療法の一つとして超音波治療法があります。


これは高周波治療法、超音波治療法と呼ばれているものです。


このわきがの治療法は、超音波を使ってわきがの原因になっているアポクリン腺やエクリン腺自体を破壊してしまって吸引して取り去ってしまうという方法です。


超音波治療法の手術の流れというのは、まずはわきの下の皮膚を数ミリだけ切ります。


そして超音波発生器を入れます。


超音波を出して、アポクリン腺、エクリン腺を破壊して吸引してしまいます。


手術の後はだいたい1針位のサイズですがそちらを縫合します。


今紹介したような流れでわきがの超音波治療というのは行われています。


時間的には30分ほどで手術が終了してしまいます。


この手術方法のメリットとしては今までのわきが治療に比べると、わきがの完治率が高いことがあげられます。


そして切開する部分も数ミリですから体にかかる負担も少ないのが特徴で安心です。


手術の痕もほとんどわかりませんし、痛みもないのが特徴です。


また副作用もありませんし、後遺症などもないというのも特徴です。


超音波を使っているわきが治療は今とても採用されていて受けている人が多い治療法になります。


脇毛についても、超音波治療法の場合に少しだけ脱毛をすることになるのですが、そのまま残しておくことも可能で、選ぶことができるとも言われています。


デメリットとしては手術の実績がある医師が少ないことや行っているクリニックが少ないこともデメリットになります。

posted by わきが | Comment(0) | TrackBack(0) | わきが