皮下組織吸引法

わきがの手術の一つとして皮下組織吸引法があります。


この皮下組織吸引法というのは、ダイエットで脂肪吸引をするという人は増えていますが、その方法を利用してわきが治療を行っている方法です。


わきがの治療法、手術の方法としては今までも昔から行われていた方法です。


わきが治療の皮下組織吸引法の手術の方法としては、どのような流れで行っているのかというと、まずわきの下の皮膚に数ミリ穴をあけていきます。


そしてその開けた穴に細い管を入れて、アポクリン腺とエクリン腺、皮脂線を吸引するという方法です。


これが手術の流れで最後の手術のあとを縫って終わりです。


皮下組織吸引法というのは脂肪吸引法と一緒の機械で行われて同じ方法で行われるわきが治療です。


メリットとしては、手術の痕が目立たないことや、手術をしてからの回復がとても速いこと、日帰りで手術を受けることができます。


わきが治療の皮下組織吸引法のデメリットとしては、アポクリン腺、エクリン腺、皮脂線を完全にとってしまうということはできませんから、吸引や除去しきれないので感知することが難しいことになります。


また皮膚や他の周りの組織に対してもダメージがある場合もあります。


わきが手術の皮下組織吸引法はわきがの原因を軽減することは可能ですが、完治させることは難しいとされています。


わきが治療として色々な場所で行われているのですが、最近は減りつつある方法でもあります。

posted by わきが | Comment(0) | TrackBack(0) | わきが