ボトックス注射

わきが治療の一つにボトックス注入があります。


ボトックス注射とも呼ばれているのですが、これはボツリヌス菌という菌を注射するという方法です。


この方法を利用した場合には、筋肉の収縮が治まってしまいますから神経にこのボツリヌス菌の毒がまわります。


この毒がまわって神経が麻痺することを利用して汗腺が活発に動くことを抑えるという治療法です。


アポクリン汗腺やエクリン汗腺の働きが活発になっているためにわきがというのは発生しているのですが、この二つの汗腺の動きを抑えてしまえば、わきがの症状もいっしょにストップできるというわけです。


汗腺の働きがストップするということはわきがの臭いが臭わなくなるというだけでなはなくて、汗をかき過ぎる多汗症にも効果があるとされています。


ボトックス注射のメリットとしては、脇の下にボトックスを注射するだけの方法ですから手術にかかる時間は数分とかなり軽いです。


ボトックス注射は治療した後も残りませんし、治療時間が短いというメリットがあげられます。


他にも注射するときの痛みだけで済みますし、終わってからも痛みがないことも特徴です。


ではボトックス注射をしてのわきが治療のデメリットとしては何があるのか紹介します。


このわきが治療の効果というのは個人差があるので効果がある人とない人の差があります。


それだけでなく効果は数か月くらいしかありませんから長くて1年以内にはまた受ける必要があり、完治するということはないことがデメリットです。

posted by わきが | Comment(0) | TrackBack(0) | わきが