自己臭症

わきがと自己臭症についてですが、自己臭症というのは、自分がくさくないのに、なんだか臭いと感じることを言います。わきがの人というのは、体臭が自分で気が付きにくく、人から指摘されたりして、はじめて自分がわきがであることや、体臭がきついことに気が付きます。そしてショックを受けることが多いです。人から自分の臭いについて指摘される、わきがであるといわれてしまった人の多くは、ショックを受けてしまうケースが多いのが特徴です。自分の臭いが気になっていても、誰にも相談できずに、医師にも相談することが出来ずに、悩む人が多いといわれています。その状態になったときに、不安な気持ちが、対人恐怖症を生んだり自己臭症になったりするのです。自分の臭いがきついために、他人が不快な気持になっていないか、迷惑がかかっていないかどうかを考え過ぎる神経症です。人と接するのが怖くなったり、人と付き合うこと、コミュニケーションをとるのがいやになる人も多いといわれています。
今私たちの周りでは色々と臭いがありますが、いい臭いや人が嫌がる臭いなどもありますから、なかなか難しいのですが、海外では臭いについてそれほど敏感に反応しないケースが多いのですが、日本人はその人種の性格上、臭いには敏感な人種です。自己臭症になってしまうとさらにわきがを悪化させる可能性もありますから、十分に注意してわきがかなと思ったら、早めにカウンセリングを受けるようにしましょう。
posted by わきが | Comment(0) | TrackBack(0) | わきが