電気凝固法

わきが治療の電気凝固法というのは、おもにクリニックよりもエステなどで行われている方法で、わき毛の脱毛として使われている方法です。脱毛を応用して、わき毛と一緒に、アポクリン汗腺や皮脂線も一緒に破壊してわきが治療を行うという方法になります。わきが治療の電気凝固手術法は、わきの下の毛根に近い場所に鍼をさしていきます。そして針をさした部分に高周波電流を流していきます。毛根を固めてわき毛が生えてこないようにすると同時に、アポクリン線や皮脂線も壊してしまうという方法です。
このわきが治療の電気凝固法を受けるメリットとしては、手術はとても簡単な手術ですから、どんなクリニックやエステなどで受けても失敗する可能性が低いのが特徴です。わきが治療と同時に、永久脱毛もできてしまうのが特徴です。
電気凝固法はデメリットもあり、手術を受けている間の痛みがかなり強いというデメリットと、わきが治療には効果があるのですが、多汗症にはあまり効果がないというデメリットもあります。また完治できずに、再発することも多いというのが、わきが治療の電気凝固法のデメリットです。
永久脱毛を考えていて一緒に治療が出来るというのはとてもメリットとしては高いですが、完治が出来ないということもありますので、完全にわきがを治療したいと思っている人にとっては、あまりいい方法とは言えないと思いますから、完治を望んでいる人は、電気凝固法は、向かないでしょう。
posted by わきが | Comment(0) | TrackBack(0) | わきが