手術痕

わきが治療や手術をこれから受ける人が気になることとして、わきがの治療痕が残らないかどうかという心配があると思います。わきがの手術を受けると、わきがの症状が治る反面、手術の後が目立ったり、残ったりしてしまうデメリットが挙げられるのです。昔行われていたわきが治療の多くが、わきがの手術痕がしっかりと残ってしまい、目立ってしまったことから、わきがの手術を受けたと他人に知られてしまうのが恥ずかしいと、そちらを気にしている人もいたくらいです。
ですが、最近の手術痕というのはほとんど残らないのが一般的なわきが治療の特徴で、超音波で治療が出来るケースも多いですから、わきが治療を安心して受けられるようになりました。
しかしクリニックの中には、まだわきが治療の痕が残ってしまうような手術を行っているところなどもありますので、十分に気をつけてカウンセリングの時に、手術痕は綺麗になるのか、目立つことがないのかということを確認してみるといいでしょう。わきがの症状が抑えられたとしても、傷跡は今度は残ってしまっていたのでは、また新たな悩みやコンプレックスを抱えることになりますから、自分でカウンセリングの際に傷痕については、どの程度のもので、どの程度くらいで見えなくなるのか、目立たないのかということについてもよく理解して、聞いた上でカウンセリングを受けるようにしましょう。傷痕が残ってそれを悩んでいる人も意外に多いのが現状です。
posted by わきが | Comment(0) | TrackBack(0) | わきが