わきがの従来の手術

わきが手術の歴史は長いのですが、わきがの手術の従来の手術というのは実は傷跡が大きく残ってしまうような手術の方法でした。わきが特有のにおいを消そうと思ってアポクリン汗腺を取り除くことを手術で行うわけですが、皮膚を取り除いてわきが手術を行っていましたから傷痕が大きく残ってしまうのが一般的でした。ここ数年手術方法も色々と変わってきて傷跡が残らないような方法で行われているのが一般的ですが、従来のわきが手術はわきがの原因のアポクリン汗腺の周辺の皮膚ごと切り取っていましたから皮膚が切り取られてひきつって縫われて、手術後はひきつった感じも残っていますし、痛みも相当大きかったといわれています。
わきがの原因のアポクリン汗腺の周りの皮膚をすべてとってしまう場合には、傷痕が残りますからわきが手術を行ったと他人に分かってしまうケースなどもあり、今では考えられないと思っている人も多いと思いますが、今までのわきが手術はこのようにして行われてきました。
そうして傷跡が残ることを嫌がる人が多いことから、わきが手術で傷跡が残らない皮膚を切らなくてもいい方法が研究されて今のように小さく穴をあけてアポクリン汗腺だけを取り除くという方法になったのです。
posted by わきが | Comment(0) | TrackBack(0) | わきが