わきがのせんじょ法

わきがのせん徐法について紹介していきます。

わきが治療というとわきがのせん徐法がいちばん一般的に知られていたのですが、このわきがのせん徐法というのは、特ににおいが強いという人に向いているわきが手術の方法であるのです。

脇の下にある、わきがの原因になっているアポクリン汗腺が完全になくなりますから、わきがを完全に治療することができます。

わきがのせん徐法というのはどのような手術なのかというと、脇の下の皮膚をだいたい3センチくらい切開することでわきがのにおいの原因になっているアポクリン汗腺を取り除いてしまうのです。

わきがのクイック法と比べてみるとわきが手術の後のケアが色々と必要になりますが、術後はわきがであったことを忘れてしまうほどわきがとは無縁の生活を送ることができるようになりますから根本からの完治が可能であるのです。

わきがのせん徐法を受けている最中は局部麻酔を使って手術をしますから痛みは感じませんし、傷痕は、脇の下にあるシワと一緒になってしまうのですから目立たない特徴があるのです。

脇毛が今まで気になっていたという人も脇毛の毛根もいっしょになくなってしまうのですから脱毛効果も期待できますが、脱毛効果の方は個人差があるのです。
posted by わきが | Comment(0) | TrackBack(0) | わきが