わきがとボトックス注射

わきがとボトックス注射について紹介していきますが、わきがの人の治療法ではなくて、もともとは多汗症の人の治療方法としてボトックス注射は行われていましたが、わきがの気になる強いにおいにも大変効果が高いのです。

このわきがのボトックス注射は、脇の下にあるアポクリン汗腺を取り除きますから、わきがを完治することができます。

ではどのような流れでわきがのボトックス注射が行われているのかというと、脇の下にボトックス注射をします。

このボトックス注射は交感神経をブロックするという働きがあるのですから汗を出すことをストップしていきます。

このわきがのボトックス注射の効果というのは、だいたい1年くらいで効果がなくなるとされてますから、定期的に、わきがのボトックス注射を受ける必要があるということになります。

だんだん効果が減ってきて、わきがのにおいが気になりだしたらまた、わきがのボトックス注射を受けなければならないという面倒なことがあるのですが、メスを使いませんし、手軽に注射するだけなので、受けたその日からシャワーをすることもできますし、傷あとも残らないのでわきがの軽い症状の人に向いているわきが手術であるのです。
posted by わきが | Comment(0) | TrackBack(0) | わきが