人種

わきがの原因はアポクリン汗腺やエクリン汗腺が原因とも言われているのですが、人種とも関係があるとされています。


たとえば、日本人というのは欧米の人に比べるとわきがになっている人の確率は少ないといわれています。


その理由というのは体質、人種が違うからです。


ですからわきがの人が多い国ならそれほどわきがであるということが目立つことはなかったのですが、逆に日本の場合にはわきがである人が少ないために目立ってしまうために悩みになると考えられるのです。


欧米人の場合はわきがの体質の人が多いですからそれほど悩みの種になるようなことはありません。


わきがと人種の比率としては黒人の場合には100パーセントとされていますし、白人の欧米人の場合は70パーセントから90パーセントとなっています。


そして日本人は10%から15%の人がわきが体質とされています。


わきがの日本人は欧米人の比率に比べるとかなり少ないのですが、なぜ欧米人の方がわきがの人が多いのかというと食生活や文化の違いにあるといわれています。


欧米人の場合には、動物性の脂が多い食事を中心にしているので、わきがの原因になっているアポクリン汗腺の数が増えて分泌される汗の量も増えるとされています。


日本人もはもともとそれほどわきが体質の人はいなかったのですが、ここ数年で増えた理由としては食生活の欧米化が進んでいることが原因で日本人でもわきがに悩む人が増えたといわれていますから、食生活や人種は大きくかかわっています。

posted by わきが | Comment(0) | TrackBack(0) | わきが