汗の臭い

わきがと汗の臭いについてですが、人というのはアポクリン汗腺とエクリン汗腺の二つの種類の汗が分泌する場所がありますが、ほとんどの人の汗は必ず臭うという意識がありますが、そうではありません。


汗の中には臭うことがない汗もあります。


皮膚というのは色々な刺激から守るために細菌が普段からも存在しているのですが、それは汗が分泌されることでより増えますし、汗の成分が細菌によって分解されると臭いが出ます。


汗をかいてすぐに細菌に分解されなければ臭いは発生しないですね。


わきがの人も汗が出てすぐにふき取ったりすればそれほど臭いはきつくはならないのですが、必ずいつも汗を拭きとることができるとは限りません。


また、汗というのは皮脂線からも出ていて、この皮脂線から出る汗の場合には参加してしまうと臭いの原因になりますが、参加される前に体の中でもう酸化している時と分泌してから酸化している時に分けられるのでそれもわきがの臭いの原因になっています。


わきがの原因になっている汗のにおいや体臭というのは食べ物の違いが大きな原因になっています。


食べた物の違いによって臭いというのは大きく違ってくるので、その汗が細菌に分解されてしまうと臭いがきつくなり、それがわきがの不快な独特のにおいということになってしまうわけです。


食生活が全く一緒でももともと肌にいる細菌の種類が違うときには臭いが出ない人も中にはいますからそれもまたいろいろ人によって違います。

posted by わきが | Comment(0) | TrackBack(0) | わきが