エクリン腺

わきがの原因の一つにエクリン腺から出ている汗も原因となっているといわれています。


普段汗をかいている時にはエクリン腺から出ているのですが、小汗腺と呼ばれているくらいで、唇やまぶた以外の体の至る部分にあるといわれています。


このエクリン腺は体温調節機能をつかさどっていますから人間が生きていくためには絶対に欠かせない場所なのです。


わきがというのは、そもどもアポクリン腺から出ている分泌されている汗が原因とされていますが、エクリン腺から出ている汗が何かの原因で、増えているというような場合には多汗症という症状になり、汗臭いにおいがするといわれています。


わきがの臭いも、エクリン腺から分泌されている汗が細菌の分解により臭いが発生しているということが関係しているのです。


エクリン腺が多い場所というのは体の至る部分にありますが、特に脇の下には汗をかきやすいかもしれません。


わきがの直接的な原因にはエクリン線からの汗は関係はないとされているのですが、汗をかいたときにそのまま放っておいてしまうと細菌がその汗を分解しますから、その時ににおいが出てしまいます。


足の裏などにもエクリン腺はあるのですが、長時間靴下をはいていて蒸れてしまっていることなども関係して細菌が増えて分解が活発になるためににおいにつながるということになるのではないでしょうか。


わきがとエクリン腺は直接はかかわっていませんが、そこに細菌が加わることで臭いにつながります。

posted by わきが | Comment(0) | TrackBack(0) | わきが