遺伝

わきがと遺伝についてですが、わきがの人のいちばんの原因としては遺伝が関係しているといわれているのですがご存知でしょうか?


わきがの原因が遺伝であるということを知らない人も多いかもしれませんが実は遺伝はかなり直接的に関係しているとされているのです。


わきがはアポクリン線の数、大きさ、汗の分泌される量などが関係しているといわれていますが、わきがという症状そのものが遺伝するというよりも、このアポクリン線の数や大きさといった体質が遺伝してしまうことが多いのです。


どれくらいの確率でわきがは遺伝するのかというと、両親が揃ってわきがという場合には80%の確立で子供に遺伝します。


そして親が片方わきがという場合には50%の確立になりますし、親はわきがではないとしても、祖父母がわきがであるという場合には遺伝するという場合もあるといわれています。


わきがが遺伝してしまったとしても、すぐに赤ちゃんの間からわきがという人はいません。


わきがはアポクリン汗腺が活発になる時期から発症しますから、それは思春期を過ぎてからのことです。


ですから言い換えてみればわきがであるかどうかということは思春期を過ぎなければわからないということになりますので、なかなか判定しにくいというのがわきがによる遺伝です。


思春期以降はすでに食生活なども偏っている人などもおいですし、肉が好きな人なども多いので、わきがが食生活が原因で起きているのか、それとも遺伝なのか見分けがつかないのです。

posted by わきが | Comment(0) | TrackBack(0) | わきが