わきがと多汗症

わきがというのは脇の特有のにおいがあるものですが、わきがの手術を受けると多汗症の症状も改善されるといわれています。わきがの原因である汗が出過ぎる、それが多汗症の症状ですが、わきがの手術を行うことはアポクリン汗腺を取ることになりますから、それによって汗が出にくくなり、多汗症に悩んでいたという人の場合には、多汗症の症状も改善することができるといわれています。
わきがの原因になっているアポクリン汗腺は、ねばねばした粘り気の多い汗ですが、多汗症で悩んでいる人にとって、わきがも同時に悩むということはよくあることです。多汗症でネバネバの汗がでていると黄ばみもすごかったりして夏場は汗わきパッドを使わないといけないという人も中にはいたかと思いますが、わきが手術をすることによって多汗症も改善されるというのはうれしいですね。
わきがの手術といっても色々な手術がありますが、わきがの原因になっている周りの皮膚をすべてとってしまうという場合にはアポクリン汗腺もエクリン汗腺も両方とも取り除けることになりますから、この場合はわきがの改善だけでなく、多汗症の症状の改善んいもなりますから、わきがと多汗症に悩んでいるという人は両方を改善できる場合もあります。
posted by わきが | Comment(0) | TrackBack(0) | わきが
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31991675
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック